僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです。

シン・ゴジラ【感想】ー2016年鑑賞映画まとめ

ただの怪獣好きの一人として。

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
 

 

 

 

別に私は生粋のゴジラファンでもないし、庵野秀明監督のファンでもありません。だからエヴァンゲリオンなんかも一度も見たことはなくて、アメトーーーークのエヴァ芸人で見たくらいの知識しかありません。

だけども、らしいんだろうなぁと思うポイントの数々に気付くと、もし自分がそれらのコアなファンだったら、もっと楽しめたに違いないと確信しました。

ですが、今回はそんなマニアックなポイントは除いてよかった点を書いていこうと思います。

 


①ナニコレ

ゴジラを一個の生物と捉え、分析し対策を練るという過程の描き方が半端ではありません。

まず東京湾羽田沖で起こる水蒸気噴出から巨大生物の登場まで、緊迫感を煽るカメラワークとパニック描写が掴みとしては上出来で物語に引き込まれるのは間違いないでしょう。

さらに衝撃的なのは巨大生物のビジュアルで、映画館で「ナニコレ」と呟きを漏らしたのを覚えています。そしてその「ナニコレ」の余韻が覚めないうちに訪れる圧倒的なゴジラの登場。

お馴染みのゴジラの容姿を超越した破壊的なフォルムからは、人間の遺伝子に元来刻まれているであろう恐怖のイメージが浮かび上がることでしょう。

ここにきてフルCGというのも功を奏しているのではないでしょうか。久しぶりの国産ゴジラだったので、原点回帰も含めて着ぐるみゴジラが見られるかと少し期待はしたのですが、規格外の史上最大級のCGゴジラは、それはそれで迫力もありよかったと思います。

 

②ナニソレ

①でも少し触れましたが、本作ではゴジラという自然災害規模の災厄に対し人類はどのように抵抗するのか、というのが大きなテーマの一つになっています。その描写一つひとつがリアリティに溢れ、凄まじい情報量で観客に提供されるのですが、これには「ナニソレ」と言わざるを得ません。

まず主人公の肩書きも既に思い出せません。次々と紹介される政府高官名や彼らの執り行う専門会議の名称などは、まるで早口言葉のように何度も場面を変えて登場するのですが、すんなりと頭に入ってくることは一度もありませんでした。

もちろん無駄な描写というわけではなく、形式にだけ拘ってしまい、結果的に意思決定が遅れる日本の政治体制に対する強烈なアイロニーとも感じ取れるのですが、「ナニソレ」はそれだけに留まりませんでした。

 

ついに日本に上陸し絶望的な能力で日本を破壊するゴジラの活動を止めるため、日本が選択した決死の作戦は、「ナニソレ(笑)」となる波状攻撃のほんの序章。これは是非作品を見て驚いてほしいところです。

日本が誇る物作りに関する技術の高さ、アイデアの豊富さ、そして思い切りの良さに驚くに違いありません。

 

余談にはなってしまいますが、こうした日本の命運、延いては国民一人ひとりの命運がたった数十人程度の人間の手に委ねられている現状を思うとややゾッとします。

政とは本来そういうものだろうし、それが民主的に自分たちが選んだ政治家の手によるものだということも解っているつもりなのですが、自分たちの人生がかかった決定を迫られた時、個人の意思とは関係ない場所で、関係ない人間がナニカを決定するということはやはり怖いです。

その選択を誤らせないために私たちができるのは、正しそうな人・自分たちの意見を政治に反映してくれそうな人を選ぶことだけではないと思います。(少なくとも私はだれが政治家でも一緒だと思っている

大事なのは国の舵を握る限られた人間に対し、自分たちの関心の高さを見せつけることであり、期待の大きさ(実際に持っていてもいなくても)をプレッシャーとして押し付けることです。それには何が必要なのか。

 

そうだ、選挙に行こう。

ナニコレ

 

③ダレコレ

良かった点の最後は、豪華な俳優陣です。もちろん主要人物たちは、俳優としての知名度の大きさにはバラつきがあるのの、誰一人話題性や将来性だけでキャスティングされた役者はいません。誰もが個々の持つ魅力を強く放ち、もしくは放つことなく散ってゆきます。しかし、なにより注目したいのは、名もなき一般人の中に隠れた実力派俳優たち。

うおおおおおお巻き戻してええええ」と映画館で叫びたくなった観客は私だけではないはずです。そんな人は是非ブルーレイも買うといいでしょう。

普段、映画館のスクリーンで日本の俳優を見るなんてもったいないという思いから邦画を全く見ない私でも、さすがに今作くらいのチョイ出しではワクワクしてしまいます。

 

最後に

ビジュアル面・ストーリー面どちらも大満足の『シン・ゴジラ』だったので、多くの人におススメしたい作品なのですが、個人的には渡辺謙ゴジラ(2014)の恐竜っぽさが好みで、ガチガチの肉弾戦があるゴジラの方が好きです。

ハリウッド版は続編も決定済みで、キングコングとの対決なんかも控えているらしいので、引き続き注目したいシリーズですね。

 

 

では!

というか今回の記事が年末最後の投稿になりそうです。12月は2016年鑑賞映画まとめという括りで、何個か書いてきましたが、結果2016年見た全ての映画を紹介することはできませんでした。

諦めるか、来年に持ち越すか悩み中…。

 

来年は、自分の体を大切にしながらも、ガンガン読んで、ガンガン見て、ガンガン書いていきたいと思います。

 

当ブログを見ていただいた全ての皆さん、良いお年をお迎えください!

一年間ありがとうございました。