読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の猫舎

映画・小説(主にミステリ)の感想を綴るブログです。

バスカヴィル家の犬【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

1901年に発表されたアーサー・コナン・ドイルの長編推理小説。ダートムアの陰鬱な池沼地帯を舞台に、魔犬伝説に準えた不気味な事件の幕が上がります。

 

解決するのはもちろんシャーロック・ホームズで語り手はワトスン医師。お得意の変装や超人的推理も存分に発揮されていて、読みごたえも十分あります。また、全4作ある長編小説のうち本作だけが1部構成となっているため、過去の回想や犯人の心理が省略され、謎の発起から解決までがワトスン医師の観点で丁寧に書かれてあるのもGood。さらに全体で300P弱のページ数の為さらさら読めるのも良いですね。

 

実際に存在するとされる、ダートムアの黒い魔犬伝説がモチーフになっているため、解説でも書かれている通り叙景描写には目も瞠るものがあります。しかしながら、ダートムアと言えばイーデン・フィルポッツという固定観念を持っていた私は、牧歌的でほのぼのとしたダートムアをイメージしていたため、この不気味で濃霧立ち込めるダートムアには少々驚かされました。同じ場所を舞台にしていても時期や題材、そして作者が違えばこうも印象は変わるのでしょうか。

 

本作の中身については、超有名作品ながら幸運にもどんな媒体のものにも触れずに読み始めることができたのですが、最初っから最後まで「犬は絶対出てこない」と思い込んでいました笑。なぜと聞かれてもうまく説明できませんが、もっと複雑怪奇なトリックを期待していたせいでしょう。決して面白くない作品ではないのですが、自分自身が、自然と意外性のある奇想天外なトリックを求めてしまっているのは良くない傾向です。

 

シャーロック・ホームズの世界では、謎とはそれこそ「意外に」シンプルで明瞭なものです。説明されればなんだ、で終わるような僅かな証拠から真相を見つけ出すのがホームズだったはずで、そこにはアッと驚く大仕掛けは必要ありません。

池沼地帯に潜む謎の人物あたりは、中盤以降章を形成する、ワトスンの日記や手紙という形式上なかなかアクロバティックな展開ですが、それでもやはり真実はシンプルで、読者を裏切りません。いつだってシャーロック・ホームズは読者を裏切らないのです。そこに無上の喜びを感じながらも、魔犬への恐怖からワトスンと同じように「ホームズよ、早くきてくれ」と思うようになります。そして、ホームズの登場と同時にテンションは最高潮に達し、興奮冷めやらぬまま大団円を迎える、という展開です。ホームズ再登場のタイミングや、再登場から解決までの流麗な進行には、コナン・ドイルの筆力の巧みさをひしひしと感じることができます。

 

強いて不満点を挙げるなら、新婚のワトスンが家を空けすぎることくらいでしょうか。当時のイギリスではそれも普通のことなのか?定職に就き、適度に酒と煙草を愉しむ。また、真の友人は数名で、男同士の友情をなによりも最優先。そんな古き良きイギリス的精神を今の日本は見倣うべきかもしれません。女性に家事だけしておけ、とは全く思わないが、男はまず働け、と思います。そのうえでしっかり遊び、趣味を嗜み、時には冒険をし、最後には温かい家に帰る。なによりも必要なのが、刺激的な友人=ホームズだと気づいたところで、今日は終わりです。

 

バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)

バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)

 

 では!