僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです。

ブラウン神父の童心【感想】G.K.チェスタトン

今日から記事の構成変えてみまする。

最初のAmazonの商品紹介あったら少し見にくい気がして。

どうなんでしょ?

 

他の方のミステリ書評ブログも参考にしてるんですが、なかなか思うようにいかないものですね。まずは筆力を磨きます。

 

 

今回は、1911年にG.K.チェスタトンによって生み出された、ブラウン神父の記念すべき第一作短編集『ブラウン神父の童心』を紹介します。

 

ホームズの最大のライバルとしてその名を知っている読者も多いでしょう。

ホームズは、超人的な頭脳と広範で多様な知識を用いるのに対し、ブラウン神父は、犯罪者の告解によって計らずして得た、犯罪の手口などの知識のほかには、それといって特殊な能力を持ち合わせてはいません。さらに、その風貌も、丸い顔に小柄で不格好な体型、大きな黒い帽子と蝙蝠傘を携えた神父姿、とくれば、どこから見てもホームズに比肩しうる名探偵だとは想像ができないでしょう。

しかし、彼に備わっているのは、鋭い洞察力と観察眼、そして神父という職業から得た、経験と知識の蓄積からなる「人の性(本質)」の理解にあります。それゆえにブラウン神父譚には殺人が良く似合うのです。

殺人を取り扱う場合、動機ついては、しっかりと妥当性が加味されていますが、犯人の意外性には登場人物の少なさもあって少々欠けます。

 

しかし特筆すべきは、なんといってもトリックの独創性です。

本書には全十二の短編が納められていますが、その全てに魅力的な謎が含まれ、その解決に当たっては、趣向を凝らしたトリックが隠されています。1話あたり30Pほどの短い話が多い中、惜しげもなく珠玉のトリックが注ぎ込まれているのです。

 

一話一話をもう少し引き伸ばして、もう1冊短編集を編纂すれば売上がもっと…と考えるのは関西人の性か…

 

しかしこの30Pという絶妙な長さが、ブラウン神父ものに対する親しみやすさと読み易さに繋がっているいることは言うまでもありません。

ホームズとブラウン神父を比べた場合、個人的にはブラウン神父に軍配を上げます。ホームズものは、1話50Pくらいの長さを使って、その中にあるものはと言えば、謎というまでもない小さなものもありました。その小さな謎を、想像力を総動員し、極限まで膨らませ、ホームズに解決させるのがコナン・ドイルの手法かと思います。謎解きの楽しみを読者に提供する点や、ホームズという稀代の名探偵を形成したことも含め、人格や性格、仕草から風貌まで、キャラクターの創造という点では、コナン・ドイルが勝っているかもしれません。

しかし、ブラウン神父もののトリックの独創性や多様性においては、圧倒的にホームズものよりも良質である言わざるを得ません。ブラウン神父ものは短編集を謳ってはいるものの、謎とその謎解きが核となった、れっきとした本格ものでもあり、そこらの「本格」と銘打った推理小説よりもよっぽど重厚で読み応えのある作品なのです。

 

 

ここまで、導入部だけで冗長になりつつあるので、本題に入りますが、ブラウン神父ものは、順番に読むのが良いと思います。さらに言えば、まず本作「ブラウン神父の童心」の1~4話までを順番に読むのが良いでしょう。

普通はそうか。。

ここでは、ブラウン神父の相棒となる人物の登場と、経緯が明らかにされ、5話以降のテンポが急激に増すので必ず読んでおくことをおススメします。

普通はそうしますよね。

 

本作の中で一番おもしろかった作品は『折れた剣』で、ブラウン神父によって明かされる、驚愕の真相を楽しみながらも、皮肉めいた事件の経緯にもどこか心地よさを覚えます。

 

そして一番驚かされた作品が『イズレイル・ガウの誉れ』です。解説でも少し触れられていますが、作中で登場する、一見繋がりの見えない4つの謎に対して、誰もが頭を悩ませ、関連性を見い出せず泣き言を言う中、ブラウン神父は「いいかげんな説」としながらもそれらしい仮説を3つもすらすらと述べてしまいます。もちろん真相は別にあるのですが、この記述は、いかに作者がトリック創案能力に長けていたかを如実に表しています。

 

つまり、細かい点だけ調整し、タイトルさえ変えてしまえば、『イズレイル・ガウの誉れ1』~『イズレイル・ガウの誉れ4』まで創れたはずなのです。

 

私のこの時の気持ちを表すなら、パチンコで、どんどん玉が入り数字も毎回777が続き、次第に恐ろしくなってしまう。そんな感じでした。

 

未だ本書を手に取っていない読者は直ちに本書を読み、私と一緒の感覚を味わってほしいです。パチンコしたことないけど。

 

ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)

ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)

 

 

では!