読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです。

ビッグ4【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

 

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

ドラフト会議で数年に一度見られる、期待の“ビッグ4”

某テレビ番組の、鉄道“ビッグ4”

あの伝説の童話「三匹の子豚」の裏にある隠された4匹目の存在“ピッグ4”

世に“ビッグ4”は数あれど

文字通りビッグであったことなどあっただろうか?

アガサ・クリスティをもってしても、

“ビッグ”たらしめることはできなかったようです。 

 

本作は、1927年に発行された、クリスティの長編小説第7作目で、ポワロシリーズでは第4作目になります。ヘイスティングズ大尉が見事語り手として凱旋帰国し、お馴染みの迷探偵ぶりを発揮してくれるところまではいつも通りの展開です。本作はクリスティファンの間でも、クリスティ作品群中の評価の低さでは、群を抜いていることに間違いはないように思い。本作が発行された経緯、時代背景については解説等で詳細に書かれていることから、ここでは省略しますが、要約すると、

クリスティは夫の浮気で病んでいた。

出版社からは新作を早く出せとせがまれていた。

義理の兄(ようするに他人)に短編をまとめて長編にしてみたらどうか?と安易な提案をされた。

やってみた。

それがこの作品です。そのため、短編集としてうまくまとめ上げることができれば、まだもう少し楽しめたであろう作品たちが、謎の犯罪組織“ビッグ4”なる存在が介入することにより、トリック・動機ともに中途半端で、ポワロお得意の人間性の研究も成りを潜め、灰色の脳細胞も肩書きだけは数多く登場するが、本来の活躍はせず、と散々な内容なのです。

これでは、

「あれ?メガネどこやったっけ?」

「おいおい頭の上、上(笑)」

「あちゃーさすが“灰色の脳細胞”」と言われても驚きはしません。

まさに“灰色の脳細胞”の大安売りです。

まさか“ビッグ4”の真の目的が、数珠の短編たちを、お粗末なスパイ作品に貶めるために暗躍しているのでは?と勘ぐりたくなるような展開です(あながち間違いではないと思います)。

 

 

ここまでかなりの酷評ですが、とはいえ、全く読む価値がないのか?と聞かれれば、答えはNoです。呆れ返るほどの(良い意味で)ヘイスティングズの誠実さ・正義感ゆえの迷走っぷりや、ポワロの謎の兄弟、はたまたポワロの女性観等、後々の作品に繋がる目新しい情報も提供され、読書時間が全くの時間の浪費とは言えません。

ページ数も330Pほどと、ポワロ作品の中でも短めなので、途中で諦めなければ、1~2日で読み切ってしまえます。余談ですが、ナンバー・フォーという単語が多く出てくるので、あのハードゲイの「フォー!」が頭の中に出てこなければ、さらにスムーズに読み進めることができるでしょうw

 

 

 

 

では!