読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の猫舎

映画・小説(主にミステリ)の感想を綴るブログです。

五匹の赤い鰊【感想・雑記】ードロシー・L・セイヤーズ

クロフツを彷彿 五匹の赤い鰊 (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L・セイヤーズ,浅羽莢子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1996/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (7件) を見る

ブラック・コーヒー【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

紅茶でもチョコレートでもないブラック・コーヒー ブラック・コーヒー (小説版) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティ,中村妙子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/09/16 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (7…

夜歩く【感想・雑記】ージョン・ディクスン・カー

夜更かす 夜歩く【新訳版】 (創元推理文庫) 作者: ジョン・ディクスン・カー,和爾桃子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2013/11/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (12件) を見る

毒を食らわば【感想・雑記】ードロシー・L・セイヤーズ

“毒を食らわば皿まで”というのは、ご存知の通り、一度悪事に手を染めたなら最後までやり通そうという邪な考えを例えた諺です。 毒を食らわば (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L.セイヤーズ,Dorothy L. Sayers,浅羽莢子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: …

ライノクス殺人事件【感想・雑記】ーフィリップ・マクドナルド

本作は1930年にフィリップ・マクドナルドによって書かれた長編推理小説です。 ライノクス殺人事件 (創元推理文庫) 作者: フィリップマクドナルド,Philip MacDonald,霜島義明 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2008/03/24 メディア: 文庫 クリック: 16回 …

グリーン家殺人事件【感想・雑記】ーS・S・ヴァン=ダイン

本作は1928年にヴァン=ダインによって書かれた、ファイロ・ヴァンスものの第3作。 グリーン家殺人事件 (創元推理文庫 103-3) 作者: ヴァン・ダイン,井上勇 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1959/06 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 6回 この商品…

カナリヤ殺人事件【感想・雑記】ーS・S・ヴァン=ダイン

本作は1927年に書かれたヴァン・ダインによる長編推理小説第2作です。 カナリヤ殺人事件 (創元推理文庫 103-2) 作者: ヴァン・ダイン,井上勇 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1959/05 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (1…

フランス白粉の謎【感想・雑記】ーエラリー・クイーン

本作は、1930年に発表されたエラリー・クイーンによる<国名シリーズ>の2作目です。 フランス白粉の謎【新訳版】 (創元推理文庫) 作者: エラリー・クイーン,中村有希 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2012/09/27 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商…

おしどり探偵【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

本作は1929年にアガサ・クリスティによって書かれた、トミー&タペンスものの短編集です。 おしどり探偵 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,坂口怜子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/04/16 メディア: 文庫 購入: 1人 ク…

毒入りチョコレート事件【感想・雑記】ーアントニイ・バークリー

本作は、1929年にアントニイ・バークリーによって書かれた長編推理小説で、彼の代表作の一つです。 毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫) 作者: アントニイ・バークリー,高橋泰邦 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2009/11/10 メディア: 文庫 …

シャーロック・ホームズ最後の挨拶【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

本作は1917年に発表されたシャーロック・ホームズ物の4番目の短編集です。 シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫) 作者: コナン・ドイル,延原謙 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1955/04/15 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 16回 この商品を含…

陸橋殺人事件【感想・雑記】ーロナルド・A・ノックス

今日は、 1925年に書かれたロナルド・A・ノックスによる長編推理小説をご紹介します。 陸橋殺人事件 (創元推理文庫) 作者: ロナルド・A.ノックス,Ronald A. Knox,宇野利泰 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1982/10/29 メディア: 文庫 購入: 1人 クリッ…

恐怖の谷【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

本作は1914年にアーサー・コナン・ドイルによってかかれた最後の長編小説です。 恐怖の谷 (新潮文庫) 作者: コナン・ドイル,延原謙 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1953/08/07 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (16件) を見る

ベローナ・クラブの不愉快な事件【感想・雑記】ードロシー・L・セイヤーズ

どんどん面白くなってゆくピーター・ウィムジィ卿シリーズも第4作に到達しました。 ベローナ・クラブの不愉快な事件 (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L.セイヤーズ,Dorothy L. Sayers,浅羽莢子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1995/05 メディア: 文庫 …

ローマ帽子の謎【感想・雑記】ーエラリー・クイーン

ようやくエラリー・クイーンにたどり着きました。 ローマ帽子の謎【新訳版】 (創元推理文庫) 作者: エラリー・クイーン,中村有希 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2011/08/30 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (19件) を見る 本作は…

ブラウン神父の不信【感想・雑記】ーG.K.チェスタトン

ブラウン神父の不信 (創元推理文庫) 作者: G.K.チェスタトン,中村保男 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1982/03 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (18件) を見る 本作は、1926年に発表されたG.K.チェスタトンによるブラウン神父も…

不自然な死【感想・雑記】ードロシー・L・セイヤーズ

不自然な死 (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L.セイヤーズ,Dorothy L. Sayers,浅羽莢子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1994/11 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (15件) を見る 本作は1927年にドロシー・L・セイヤーズによって書…

闇からの声【感想・雑記】ーイーデン・フィルポッツ

闇からの声 (創元推理文庫) 作者: イーデンフィルポッツ,Eden Phillpotts,橋本福夫 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1963/06/28 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (2件) を見る

毒杯の囀り【感想・雑記】ーポール・ドハティー

本作はイギリスの推理小説作家ポール・ドハティーによってかかれた歴史ミステリです。

鑢(やすり)【感想・雑記】ーフィリップ・マクドナルド

本作は1924年にイギリスの推理小説作家フィリップ・マクドナルドによって書かれた実質的なデビュー作です。

ゴールデン・フリース【感想・雑記】ーロバート・J・ソウヤー

倒叙ミステリというと『古畑任三郎』や『刑事コロンボ』のように、まず犯人の視点で犯罪が行われ、その後も犯人視点で物語が進む形が一般的です。

トレント最後の事件【感想・雑記】ーE.C.ベントリー

本作はE・C・ベントリーによって1913年に書かれた長編推理小説です。古典的名作の一つに数えられ、恋愛要素との見事な融和や意外性のある結末などが高い評価を受けているそうですが、近年の読者の評価を見ていると「恋愛要素もチグハグで、トリックも凡庸」…

シャーロック・ホームズの帰還【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

1893年の『シャーロック・ホームズの思い出』で惜しむらくもこの世を去ったシャーロック・ホームズが、10年の歳月を経て奇跡の生還を果たします。

ソルトマーシュの殺人【感想・雑記】ーグラディス・ミッチェル

本作は1932年に英国の女流作家グラディス・ミッチェルによってかかれた長編推理小説です。 探偵役を務めるのは、心理学者ミセス・ブラッドリーで、彼女の長編推理小説66作全てに登場します。

バスカヴィル家の犬【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

1901年に発表されたアーサー・コナン・ドイルの長編推理小説。ダートムアの陰鬱な池沼地帯を舞台に、魔犬伝説に準えた不気味な事件の幕が上がります。

ブラウン神父の知恵【感想・雑記】ーG.K.チェスタトン

本作は、1914年にG.K.チェスタトンによって発表されたブラウン神父ものの短編推理小説集の第二作です。

塩沢地の霧【感想・雑記】ーヘンリー・ウェイド

今回は少し長めなので、ですます調なしでお送りします。 不明確な点もあるかと思いますので、どしどし突っ込んでください。

第二の銃声【感想・雑記】ーアントニイ・バークリー

推理小説を読む流れとして、今回は逆かもしれません。 順番も違うし流れも逆行してますが、それでも面白いものは不変です。 今日はそんな一作。

救いの死【感想・雑記】ーミルワード・ケネディ

ご無沙汰です。 年度末のこの時期、どこもそうでしょうが忙殺されてます笑 本を読む時間は作れるんですが、文章におこすのが大変ですね^^; でも、やっぱり残しておかないと、忘れちゃうので必死こいて書いてます。

雲なす証言【感想・雑記】ードロシー・L・セイヤーズ

語彙が少ない。 最近の悩みです。 難しい言葉を使えばいいってもんじゃない。簡単明瞭かつ分かりやすい。そんな洗練された文章で書けたら、と思わずにはいられない今日この頃。

シャーロック・ホームズの思い出【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

日記とかブログとか今まで色々チャレンジはしてきたけど、なかなか長続きしたものはありません。 このブログも幾度かの中断を経て、やっと2年。まだまだ根気強く続けていかなければいけませんね。

カリブ諸島の手がかり【感想・雑記】ーT.S.ストリブリング

当ブログ最長の文字数を記録しております。 帰らないでください。

ベンスン殺人事件【感想・雑記】ーS・S・ヴァン=ダイン

「ウ」に゛が付くとかっこ良くなりますね。 バイオレットよりヴァイオレット、バチカンよりヴァチカン、まつおばしょうよりマツオヴァショー。

レイトン・コートの謎【感想・雑記】ーアントニイ・バークリー

最近ゲームしてないなぁ… DSの逆転裁判シリーズが好きで、全作やってたんですが、レイトン教授シリーズもかなり気になってました。あれ、面白いんですか?いつかやってみようと思います、

牧歌的な舞台と裏腹に美しくも惨烈な悲劇【感想】イーデン・フィルポッツ『赤毛のレドメイン家』

17/4/27やや改稿 赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1) 作者: イーデン・フィルポッツ,宇野利泰 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1970/10 メディア: 文庫 クリック: 20回 この商品を含むブログ (28件) を見る

ブラウン神父の童心【感想・雑記】ーG.K.チェスタトン

今日から記事の構成変えてみまする。 最初のAmazonの商品紹介あったら少し見にくい気がして。 どうなんでしょ?

テンプラー家の惨劇【感想・雑記】ーイーデン・フィルポッツ

テンプラー家の惨劇 世界探偵小説全集 (42) 作者: ハリントンヘクスト,Harrington Hext,高田朔 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2003/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 予め言っときます。長くなります。

シャーロック・ホームズの冒険【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫) 作者: コナンドイル,延原謙 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1953/04/02 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 54回 この商品を含むブログ (112件) を見る シャーロック・ホームズの熱烈なファンのことをシャーロキ…

ドロドロ&ドンヨリで決して爽快感はない【感想】イーデン・フィルポッツ『だれがコマドリを殺したのか?』

だれがコマドリを殺したのか? (創元推理文庫) 作者: イーデン・フィルポッツ,武藤崇恵 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2015/03/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る

怪盗紳士ルパン【感想・雑記】ーモーリス・ルブラン

怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM) 作者: モーリス・ルブラン,平岡敦 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2005/09/09 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (25件) を見る ルパン三世のあの有名なテーマ曲のオープニング部分 本当…

赤い館の秘密【感想・雑記】ーA.A.ミルン

赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1)) 作者: A.A.ミルン,大西尹明,A.A. Milne 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1959/05 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (43件) を見る 読んだのは少し前なんだけど、去年読んだ中ではダントツで読…

薔薇荘にて【感想・雑記】ーA.E.W.メイスン

薔薇荘にて 世界探偵小説全集 1 作者: A.E.W.メイスン,A.E.W. Mason,富塚由美 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 1995/05 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (13件) を見る ついに手を出してしまった、国書刊行会の世界探偵小説全集シ…

誰の死体?【感想・雑記】ードロシー・L・セイヤーズ

誰の死体? (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L.セイヤーズ,Dorothy L. Sayers,浅羽莢子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1993/09 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (35件) を見る 英語がペラペラ喋れたらなー、と思ったことはおありで…

樽【感想・雑記】ーF.W.クロフツ

樽【新訳版】 (創元推理文庫) 作者: F・W・クロフツ,霜島義明 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2013/11/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る ワインが飲みたい。 5年前に1人でイタリアを訪れたことがあります。 シエナで飲んだトスカ…

四つの署名【感想・雑記】ーアーサー・コナン・ドイル

四つの署名 (新潮文庫) 作者: コナン・ドイル,延原謙 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1953/12/28 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 37回 この商品を含むブログ (31件) を見る どーも、ねこです。 「四つの署名」で思い出したんですが、5年程前に買った…

ホワイダニットの金字塔【感想】アガサ・クリスティ『ABC殺人事件』

17/2/27 やや改稿 ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,堀内静子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/11/11 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 96回 この商品を含むブログ (72件) を見る

雲をつかむ死【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

雲をつかむ死 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/04/16 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (16件) を見る 初めて飛行機に乗ったときのことを覚えていますか? …

三幕の殺人【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,長野きよみ 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10 メディア: 文庫 クリック: 7回 この商品を含むブログ (21件) を見る 本物の演劇というものを見たことがないの…

なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,田村隆一 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/03 メディア: 文庫 クリック: 15回 この商品を含むブログ (15件) を見る 死の間際に何を…

家蝿とカナリア【感想・雑記】ーヘレン・マクロイ

家蝿とカナリア (創元推理文庫) 作者: ヘレン・マクロイ,深町真理子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2002/09 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を含むブログ (16件) を見る やっと紹介できるー!!! 1942年に発表されたニューヨーク出身の女性作…