読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです。

ミステリ作家

   先日人生で初めて、創作の物語しかも短編ミステリっぽいものを書いてみた。自分で書いてみて初めて、物書きの方々の凄さを理解できた部分もあり、感想記事以外のものを書く楽しさを感じることができたので、忘れないうちに記録を残したいと思う。

   「ミス・テリー殺し」を書くにあたっては、そんなに熱い思いや構想があったわけではなかった。今月は「ミステリ」という単語が入った記事を連投しているので、ちょっとひねってみようか、くらいの軽い気持ちで書き始めた。

 

舞台

   まず国内でちょろっと書き始めたが、人名で躓いた。どうも自分で考えた日本人名はクスクスしてしまってダメだった。全く自信はなかったが、舞台をイギリスと設定し、イギリスっぽい名前でかなり適当に考えてみると、思ったよりしっくりきたので、そのまま一心不乱にキーボードをたたいた。イギリス人でテイラー仕立て屋)警部はちょっとやり過ぎた気もするが…

 

謎と解決

   登場人物も犯人も全然決まっていなかったが、序盤で仄めかされた謎がどのように解決と結びつくか(最後の手がかり)は先に決まっていて、どうオシャレっぽく終わらせれるかをイメージしていた。オシャレな比喩とか印象的な台詞を盛り込んでみたい欲求に駆られたが、結局「オシャレっぽいけどよくわからない」感じになってしまったように思う。


文字数の目安

   今考えるとほんとバカだな、と思うのだが、書き始めた当初は1500字くらいでなんとかならないか、と思っていた。そのために登場人物の証言などの手がかりは全て箇条書きにして、多くても2000字くらいには収まるだろうとたかをくくっていた。

   書き終えてから、短編部門で出版社の公募している賞の募集要領を調べてみると、最低でも12000字ほどだったと気づき驚いた。結局、当初の予定を大きく超える4000字ちょっとで書くことができたのだが、超えた原因は、たぶん解決を担う探偵にぺらぺら喋らせたくなったからだろう。


自己評価

   自分で言うのもなんだが、ネタバレがある(笑)のでもしよければ、「ミス・テリー殺し」を読んでから見てほしい。

 

まずトリックがないのはどうなのか?

   結局、全員にアリバイがなく容疑者候補と言う状況の不自然さは、ご都合主義に感じなくもない。執事ロマンを容疑者から外す根拠の薄弱さ。もう少しロマンにミスリードさせても良かったのだが、逆に容疑者から除外する根拠が見つけきれずぼんやりした記述になった。

 

殺害方法の説得力

   はたして青酸カリ入りのカプセルを嚥下しても即効性はあるのか?青酸カリは独特の異臭と強酸性があるらしく、飲料物に混ぜて摂取させるのは難しいらしい。

   ある程度早く効果が出て→嘔吐→リンゴの物証、と繋げるために強引にカプセルを用意したので、やや説得力に欠ける気がする。

 

リンゴのカケラ

   そもそも一口リンゴを齧って、咀嚼もせずに原型をとどめたまま嘔吐するなんてことがあるのか。普通はリンゴを一口でも丸呑みすることがないので、やはり論理性に欠けるかもしれない。

 

最後の一文

   どう締め括るのか、という点は全ての作家が苦悩する部分なのではないかと思った。犯人を名指しして「はい、わたしがやりました」はなんともダサい。かといって、男女のロマンスで締めることもできないし、後日談も全然思いつかない。そこで決定的な証拠を提示して「さあ見せてください」で終わったのだ。

   今考えると、これ、持っていないパターンもありだった気もする。探偵が見事推理を外して、物語は迷宮入りで終幕し、後日、執事のポケットか医者の白衣の中にあったリンゴのカケラをこっそり捨てて、ほくそ笑む容疑者(執事か医者)。悪くない気もする。

 


まとめ

   いつもの感想記事とは違い、達成感と充足感が凄まじく、個人的にはむちゃくちゃ楽しい体験だった。これからも何か思いついたら、4000~5000字程度でちょくちょく書いてみようかと思う。手がかりはもちろん箇条書きで、キャラクターは薄っぺらくても仕様がないだろう。

 

では。

ミス・テリー殺し

   日曜の朝早く、ミス・テリー嬢が屋敷内の自室で死んでいるのが発見された。口許には嘔吐の跡が見られ、横たえた躰から伸びる華奢な右手には、齧りかけのリンゴが握られていた。容疑者は、ミス・テリーの死亡時間帯に屋敷にいたとされる4人の人物。

 

登場人物紹介

パーキンソン夫人・・・テリー嬢の義母

スコット大尉・・・・・テリー嬢の婚約者

ベスナー医師・・・・・パーキンソン夫人の主治医

ロマン・・・・・・・・屋敷の執事

 


   死の一報を受けた、ロンドン警視庁が派遣したのは、スコットランド・ヤードきっての敏腕警部テイラーテイラー警部は、屋敷へ赴くタクシーの中で、検死医からの報告書に目を通していた。ミス・テリーは21歳の才気煥発な女性だった。体は健康そのもので、こちらも壮健で前途有望な陸軍士官スコット大尉との婚約が、つい最近報じられたばかりだった。胃の内容物から、朝食を全く摂取していないこと、死因は青酸カリによる中毒死で、口内と食道から薬物の痕跡が見つからなかったことから、青酸カリ入りのカプセルを摂取したと推測された。

   以下は、テイラー警部の捜査と尋問により得た状況証拠と証言のあらましである。

  • テリー嬢の部屋は施錠されておらず、事件が起こったとされる時間に、誰しもが他の人間に見られずに彼女に近づくことができた。屋敷は厳重に施錠されており外部犯ではない。
  • 殺害現場になんの遺留物もなく、犯人の痕跡は皆無である。屋敷から出るゴミや郵便物の中にも不審なものはない
  • パーキンソン夫人は居間で編み物をしており、不審な物音や出来事は無かったと言っている。他の3人もパーキンソン夫人を目撃している。
  • スコット大尉は敷地内で乗馬を楽しんだ後屋敷を訪れ、パーキンソン夫人とテリー嬢に挨拶をした。ベスナー医師の姿は見ていない。
  • ベスナー医師は、テリーの死亡時刻頃は屋敷内の図書室で調べものをしていた。執事のロマンが飲み物を給仕している。調べものが終わってからはずっとパーキンソン夫人とともにいた。
  • ロマンはベスナー医師とスコット大尉の両方を出迎えたことを認めている。スコット大尉を最後に見たのは乗馬後の汗を流すためにバスルームに入るところ。ベスナー医師はパーキンソン夫人と談笑していた。

 

  そして以下は、真偽のほどは不明だが手がかりとなり得る証言である。

  • パーキンソン夫人「スコットとテリーはうまくいっていなかったわ。もちろん悪いのはスコットよ。」
  • スコット大尉「テリーとうまくいっていなかったことは認めます。悪いのは僕だし、僕自身長く続かないだろうとは思っていました。でも、殺したりなんかしません。怪しいと言えば、僕はベスナーだと思います。たびたびテリーを変な目で見ていましたから。」
  • ベスナー医師「私はたまたまパーキンソン夫人を往診しにきただけですからこの事件には無関係です。たしかに図書室で毒物の専門書を見ていたことは隠しませんが、青酸カリなんて素人が使う毒です。私ならもっと上手にやりますね。そもそも動機がありませんよ。一番動機があるのはス…やめておきましょう、根拠のない告発はみっともありません。」
  • ロマン「わたくしめに嫌疑がかかるなんてもってのほかです。テリー様には本当によくしていただきました。テリー様には。ここだけの話ですが、パーキンソン夫人はベスナー医師にぞっこんです。テリー嬢を見る目にいつも良くない光が宿っているのに気付いておりました。」

 

   テイラー警部はこれらの証言と手がかりを得た後も、精力的に屋敷内の綿密な捜索を徹底した。彼は知らぬ間に抜け落ちたジグソーパズルのピースを探しているかのようだった。そのピースはどこにでもあるような風景の一片かのように思われたが、一枚の絵を完成させる最後のピースである、という確信がテイラー警部にはあった。

   徹底かつ完璧な捜索の結果むなしく、パズルのピースはおろかパンくずひとつ出てこなかった。意外なことに、テイラー警部の目には落ち込んだりがっかりしたり、という表情は浮かんでいなかった。眉にぐっと力を入れ、心には強い決意と確信を持って関係者たちを一同に集めた。

   パーキンソン夫人は、そわそわと編み針を不安げにいじり、スコット大尉はジャケットのポケットに手を入れて踏ん反り返っているが顔色は決して良くない。ベスナー医師はどこかリラックスしているように見え、ロマンは執事の鑑を思わせる厳粛な表情と姿勢で、控えめに部屋の隅に立っている。

 

「みなさんが確信を疑惑を持っておられるように、私も皆さん以上に強い確信と、疑惑ではもうありませんが、自信を持っています。もちろんミス・テリーがこの中の誰かに殺された、ということです。」

   そういってテイラーは4人を見渡した。

「ミス・テリーの自殺はありえません。彼女が誰かに抱いていた感情はこの事件では強くありません。むしろ、ここにいるみなさん4人が彼女に抱いていた感情を考慮すると、誰が彼女を殺しても無理はない、そんな状況だったのではないでしょうか。」

「まず今回の事件は間違いなく計画的な犯行です。青酸カリ入りのカプセルを常に持ち歩いている執事がいるでしょうか。彼女との個人的なトラブルがあって、突発的に殺人を起こすことはあっても、容易周到に練られた犯行とロマンは合致しません。」

「続いてベスナー医師ですが、機会と手段は十分に持ち合わせています。さらに、ロマンとスコット大尉の証言から、ベスナー医師がテリーに知人以上の興味を抱いていたことは明らかです。二人になんらかのトラブルがあったのでしょうか。そして、騒動になるのを想定して事前に青酸カリ入りのカプセルを用意していた、ということはありえるでしょうか。間違いなくあり得ます。しかしトラブルになった以上、テリー嬢がベスナー医師から勧められたカプセルを何の疑いもせずに飲むことは絶対に考えられません。」

 

「ここまではテリー嬢に対する恋慕が動機でした。一方、テリー嬢を憎んでいたのは誰でしょうか。ベスナー医師の心を射止めた義理の娘に嫉妬の炎を燃やしたパーキンソン夫人でしょうか。それとも、一度婚約したはいいが、自分自身の不義で撒いた種を刈り取ることになったスコット大尉でしょうか。二人とも強い動機と機会、そしてテリー嬢に怪しまれずにカプセルを渡す手段があります。そう、ベスナー医師です。彼が処方した栄養剤だといって彼女にカプセルを飲ませることは容易だったに違いありません。」

「残念ながら、数少ない事実から仮定できるのはこれで以上です。」

   テイラー警部の声には敗北の響きがあった。しかし、テイラー警部は表情を引き締め、再び力強く話し出した。

 

「そしてここからは、数少ない事実の中から本物の物証を取り出したいと思います。それにはやはり数少ない事実の一つにもう一度目を向けなければなりません。皆さんの中に、一人だけ大きく動きすぎた人物がいます。他の2人は、ゆったりと休日を満喫している風、1人は執事としての職務を全うしていました。しかし、スコット大尉だけは違います。朝から乗馬で汗を流し、パーキンソン夫人とテリー嬢に挨拶をした後、シャワーを浴びています。何故挨拶をした後なのでしょうか。スコット大尉ならご婦人方に会う前に体を清めたいと思うのが普通のはずです。何故、テリー嬢に会った後でシャワーを浴びなければならなかったのか。ここでテリー嬢の遺体の様子が思い出されます。口許の嘔吐の跡です。体には嘔吐の痕跡が見られましたが、吐しゃ物は現場に残されていません。そこから導き出される答えはたった一つです。一度その時の様子を思い浮かべてみましょう。テリー嬢は自室で朝食代わりのリンゴを一口頬張る。その時スコット大尉が現われ、ベスナー医師からもらった疲労回復によく効く新しい栄養剤を手渡す。何の疑いもなくテリー嬢はカプセルを呑みこみ、異変に気付いた時には既に手遅れでした。必死で今呑みこんだものを吐き出そうとするでしょう。そして、吐き出したはいいが、薬の効果は覿面です。彼女はあえなく力尽きます。思いがけず汚れてしまったスコット大尉は焦ります。せっかく誰にも見られず遂行できたのに、これでは一巻の終わりだ、と。彼がシャワーを浴びて体を清めなければならなかったのには絶対的な理由があったのです。ジャケットを軽く洗うくらいの時間しかなかったでしょう。屋敷の滞在者全員が容疑者になるという特殊な状況でなければ成立しえないギリギリの綱渡りでしたが、それでも彼はなんとかやってのけました。」

   テイラー警部はここで口を閉じ、じっとスコット大尉を見つめた。たまりかねたようにスコット大尉が口を開く。

「警部さんご自身がお気づきだろうと思うので、僕から言うのはどうも気が引けるのですが、なんの根拠もない、ただの憶測で名誉を傷つけられるようなら、僕も黙ってはいられません。今までの長々としたお話全て、ただの空想話です。何の証拠があって僕を告発するのですか?今日一日屋敷中をしらみつぶしに捜索されていたようですが、僕の名前が記されたダイイングメッセージでも見つけられたのですか?」

   スコット大尉の顔には嘲りと余裕の色が見えた。テイラー警部は後ろ手に組んだ手を解きリラックスした姿勢でこう告げた。

「なにも見つかりませんでした。」

「それなのに僕を愛する婚約者殺しで告発すると言うのですね!警察というのは無能の集まりだな!」

   テイラー警部は静かに目を閉じた後、意を決したように、冷たく空気を切り裂くかのような透き通った声でこう言った。

「『なにも見つからなかった』ということを見つけたのです。」

「な、なにを…」

   あきらかにスコット大尉は狼狽していた。テイラー警部は気にも留めず続ける。

「間違いなくテリー嬢は嘔吐しています。そして吐しゃ物は犯人に飛散しました。焦った犯人はシャワーを浴び、汚れを取り除きます。小さな汚れは排水溝を通って下水へと流れてしまうでしょう。ですが大きなものは?私は現場の状況と検死報告を最初に見た時から引っかかっていました。なぜテリー嬢の体内から死の間際に齧っていたリンゴのカケラが出てこないのか。そしてなぜ嘔吐の形跡があるのに、吐しゃ物の中にリンゴのカケラがないのか。導き出される答えは一つです。リンゴのカケラは犯人が持ち去った。ではなぜ持ち去ったのでしょうか。そこに明確な理由があるとは思えません。間違いなく偶然の要素が重なって、犯人は意図せずにリンゴのカケラを持ち去ってしまったのです。犯人はそれに気づいたでしょうか。気付いたならどうにかしてそれを処分しようと奮闘したはずです。そこで私は屋敷中を捜索しました。排水溝の中からゴミ箱、洗濯物のカゴもひっくり返してみました。その結果はスコット大尉が言った通りです。何も見つかりませんでした。指し示す事実はもうこれしかありません。犯人はリンゴのカケラを気付かずに持ち去ったあの殺害の瞬間以降、ポケットのどこかに未だ気付かずに所持している。スコット大尉。ジャケットを拝見してもよろしいですか?」

 

 

悪しきミステリ

   毎回読んだ海外ミステリには得点をつけて、順位を出している。誰かにおススメの作品を紹介する時(滅多にないが)の指標にもなるし、自分の記憶も強固にできる。さらに順位をつける作業自体が楽しい。マイ・ベストテンみたいな記事を書く際の参考にもなる。

   たまーに100位と80位の違いはなんだろう?と自問自答するときもあるが、100位と99位の違いはしっかり答えられるし、99位と98位の差も言うことができる。そうやって順番に眺めてゆくと、作品の優劣をある程度客観的かつ論理的に説明できるようにもなってくる。また、作品一つひとつと真摯に向き合う良いきっかけにもなっていると思う。

   ランキングを見ていて、ベスト10は滅多に動くことがないのだが、20くらいになると入れ替わりが多くなる。それだけに自分の感想を見返したり、採点に誤りがないかチェックする機会が多いのだが、ワースト10はほとんど見ないことに気付いた。

   そこで、今日は海外ミステリワースト10から、どんなミステリが悪いミステリなのか考えてみたい。

まずはワースト10の紹介を

アガサ・クリスティビッグ4

イーデン・フィルポッツ灰色の部屋

F.W.クロフツ製材所の秘密

ロナルド・A・ノックス『陸橋殺人事件

ハリントン・ヘクスト(イーデン・フィルポッツ)『テンプラー家の惨劇

A.E.W.メイスン『薔薇荘にて

S・S・ヴァン=ダイン『ベンスン殺人事件

ヘンリー・ウェイド『塩沢地の霧

アガサ・クリスティ秘密機関

ダーウィン・L・ティーレット『おしゃべり雀の殺人


   ちらほらスパイものや冒険小説も交じっている気がするがそこはご了承いただこう。また、ワーストといってもまるっきり駄作というわけではない。悪いところが目立つ(目立ちすぎる)ミステリと思っていただければいい。

 

悪しきミステリの要因①

プロットがぐちゃぐちゃ

   これはクリスティの『ビッグ4』に見られる現象だ。百歩譲って、作者の精神状態とか出版の経緯を考慮したとしても、物語の構成がぐちゃぐちゃでは、どんな謎も解決も意味がない。逆にプロットが壊れているミステリに出会う機会自体、ほとんどないとは思うのだが…

   一つフォローしておくと、テレビドラマ版『名探偵ポワロ』シリーズの『ビッグ4』回はまさに傑作。原作を読んでから(順番を間違ってはダメ)ドラマ版を見ることをオススメする。

 

悪しきミステリの要因②

解決がめちゃくちゃ 

   謎の提起は良い。でも、なんだその解決は。そう思わされる作品がある。細かくどの作品がそんな作品が言ってしまうと未読の方の意欲を削いでしまうかもしれないので、敢えて明かさないが、結末部の論理的・整合性の破たんが見られる作品は、悪いミステリなのではないかと思う。

 

悪しきミステリの要因③

謎がうやむや

   事件自体には臨場感があって描写力も高い。でも謎が謎めいていない。そんな作品もある。え?それってもう解決しているよね?謎の提起からほとんどページを経過せずに、既に答えがミエミエ。これでは読者の意欲を保持するのはかなり難しい。

 

悪しきミステリの要因④

フェアプレイがぐだぐだ

   決定的にアンフェアな記述。これがあれば、どんな魅力的な謎でも、素晴らしいサプライズでも、秀逸な手がかりが配置されていても、手に汗握るサスペンスがあっても、心ときめくロマンスがあっても、作品の評価はどん底に落ちる。一度浮気が発覚したら、二度と信用できない、そんな感じ。

 

悪しきミステリの要因⑤

登場人物にイライラ

   もちろん好みの問題が多少あったとしても、全く感情移入できない、ぺらんぺらんのキャラクターがいれば、読む気力が失せてゆく。特異なキャラクターを作ればいいわけではない。ありきたりでもいいと思うのだ。

   例えば、クリスティに登場するキャラクターは誰もが似たような造形をされているとはいえ、彼らの台詞ひとつひとつからは妙に生気が溢れている。一種のスターシステムだと考えれば、ありきたりなキャラクターでも演じる役割は様々だと思わされる。ここに納得させるだけの文章力が伴ってるかどうかでミステリの評価はガラリと変わる。

 

悪しき?ミステリの要因⑥

好み

   ここまで来てコレを言っちゃあおしまいな気もするが、どうしても好みはがっつり影響してしまう。ただ、好みは変えられるとも思うのだ。なぜか。

   例えば、ワースト10の中で好みで評価が低くなっている作品は『陸橋殺人事件』と『ベンスン殺人事件』どちらも古典ミステリの代表作であるにも関わらず、個人的にはあまり好きな作品じゃない。ただ、実はどちらの作品に対しても、自分自身の無知さが影響を与えていることに最近気づいたのだ。

   『陸橋殺人事件』については、勝手に古典的名作だと思い込んで読んだ節もあって、パロディやアンチ要素があったり、矛盾した歪な美しさ、みたいなものが秘められていることを知らないゆえに、評価が低くなっている気がする。

   『ベンスン殺人事件』に関しても、ファイロ・ヴァンスという探偵のキャラクターの奥深さや、一見欠点にも思える薀蓄披瀝の悪癖に対する違った見方を、他者の感想記事等で見ることができたので、今ではガラリと印象が変わっている。たぶんもう一度読めば、評価は格段に上がるのではないか。

   好みはたしかに作品の善し悪しを判断する重要な材料だとは思う。ただし、好みは自分の無知さ、固定観念、判断材料の有無などの要因によって変わることも信じているし、理由もなくただ好きとか嫌いとか言ってるうちは、まだまだ作品に対して正しい視点で向き合えていないなかもしれない。これは少し反省しなきゃいけない。

 

まとめ

   悪しきミステリの要因を冷静に考えることで、良いミステリとは、という点でも頭の整理ができたし、なにより、自分の知識が蓄積され、考え方や好みが変わっていくことで成長していると感じることができて少し嬉しい。できれば、一度読んだ作品を読み返す作業をしてみる時間もとってみたい。

 

では。

リーダーズ・ハイを体感せよ【感想】マイクル・イネス『ある詩人への挽歌』

 

ある詩人への挽歌 (現代教養文庫―ミステリ・ボックス)

ある詩人への挽歌 (現代教養文庫―ミステリ・ボックス)

 

 

続きを読む

データで見るミステリII(犯人編)

   今回はミステリに登場する犯人の持つ要素をデータ化し、観察してみたいと思う。犯人の傾向についての情報を記載するため、今後海外ミステリを読むうえで誤った先入観を持ちたくない方は、読まないことをオススメする。

続きを読む

データで見るミステリI(探偵編)

   ただ漠然と海外ミステリを読むのではなく、自分なりに、読んだ情報をデータ化して見返す、という作業をずっと続けている。

続きを読む